メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米独首脳会談

主要議題はEUへの関税制裁やイラン核合意

27日、ワシントンで

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相は27日、ワシントンを訪問し、トランプ米大統領と会談する。米国による欧州連合(EU)に対する関税制裁措置の恒久的除外や、トランプ氏が離脱を示唆するイラン核合意の維持が主要議題。ただ独政府高官は26日、「(対EU)制裁関税が5月1日に発動されるだろう」と悲観的な見通しを表明。メルケル氏が米側から大きな譲歩を引き出すのは難しそうだ。

 独政府によると、首脳会談では通商政策や国際秩序に影響する外交課題について議論。トランプ政権は米通商…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです