メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドット柄のセットアップを着た女性=日本ファッション協会提供

 ギンガムチェックや花柄など、春には多くの柄が活躍するが、2018年春夏のトレンドの大本命はドット柄だ。3月に横浜アリーナで開催されたファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」では、流行に敏感な来場者の多くがドット柄の服を身に着けていた。

 ドットは直径が大きいものから順にコインドット、ポルカドット、ピンドットがある。圧倒的人気を集めたのは、一番小さなピンドット。一見目立たないが、主張しない柄なので逆に全体の雰囲気を柔らかくし、軽やかさを演出してくれる。そのため、重くなりがちなモノトーンの装いも、春らしいコーディネートにまとまる。レトロで可愛いピンドットは、今年の春夏のマストな柄として目が離せない。

 TGCではTシャツ姿も多く見かけた。日に日に暖かさが増し、肌を見せたくなる季節。オフショルダーやV…

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1947文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]