メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 京都11R・天皇賞(春) (日曜競馬)

地力強化、レインボーライン

 レインボーラインは前哨戦の阪神大賞典を完勝。1000メートル通過1分0秒1の平均ペースも向いたが、走破時計3分3秒6は過去10年で2番目に速い時計で、上がりもメンバー中最速だった。勝ち味に遅く、G1では菊花賞の2着が最高だったが、奥手のステイゴールド産駒らしい上昇カーブを描いている。12番枠に入ったが、内の先行馬や近くのライバルたちを見ながら競馬ができて、仕掛けどころは読みやすくなった。盾制覇が見えてきた。

 相手はアルバート。ステイヤーズSを3連覇したが、走破時計も上がりも前2回の優勝時より優秀だった。7…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです