メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

書き手の苦労と喜び 今回のゲスト 梯久美子さん(その1)

談笑する梯久美子さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 ジャーナリストの森健さんが、さまざまな分野で活躍するゲストと対談する新企画。初回はノンフィクション作家の梯久美子さんを迎えた。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞している2人が取材の方法や書き手としての苦労、喜びなどを語り合った。【構成・栗原俊雄、撮影・手塚耕一郎】

一次資料はすべて読む 最初の読者は自分

 梯 「現代をみる」ですか。あまりみていないかもしれません、私(笑い)。ジャーナリストは社会の要請もあって、「今」に迫るというところがあるのでしょうが、私はいつも、個人的なところから出発しているので。

 森 大学を出て、もともとは編集者志望だったのですね。

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2034文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]