メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

書き手の苦労と喜び 今回のゲスト 梯久美子さん(その1)

談笑する梯久美子さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 ジャーナリストの森健さんが、さまざまな分野で活躍するゲストと対談する新企画。初回はノンフィクション作家の梯久美子さんを迎えた。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞している2人が取材の方法や書き手としての苦労、喜びなどを語り合った。【構成・栗原俊雄、撮影・手塚耕一郎】

一次資料はすべて読む 最初の読者は自分

 梯 「現代をみる」ですか。あまりみていないかもしれません、私(笑い)。ジャーナリストは社会の要請もあって、「今」に迫るというところがあるのでしょうが、私はいつも、個人的なところから出発しているので。

 森 大学を出て、もともとは編集者志望だったのですね。

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2034文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです