メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

書き手の苦労と喜び 今回のゲスト 梯久美子さん(その2止)

取材対象の人生抱える 書くことへの揺れも

 梯 書くことには、ある種の暴力性がつきまとっています。私は、硫黄島の本でデビューしたので、人がたくさん亡くなった悲惨な話で本を書いて「作家」と呼ばれるようになったことに一種の後ろめたさがあります。それは一生背負っていこうと。

 森 取材対象者の人生や書いたことへの責任を抱えるような部分がありますね。

 梯 私は不器用なので、書いてみないと分からないんです。丁寧に書くことで、ようやく対象が理解できる。…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです