メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

書き手の苦労と喜び 今回のゲスト 梯久美子さん(その2止)

取材対象の人生抱える 書くことへの揺れも

 梯 書くことには、ある種の暴力性がつきまとっています。私は、硫黄島の本でデビューしたので、人がたくさん亡くなった悲惨な話で本を書いて「作家」と呼ばれるようになったことに一種の後ろめたさがあります。それは一生背負っていこうと。

 森 取材対象者の人生や書いたことへの責任を抱えるような部分がありますね。

 梯 私は不器用なので、書いてみないと分からないんです。丁寧に書くことで、ようやく対象が理解できる。…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1185文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]