メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「科学の目」競技に活用=鈴木大地

 100分の1秒を争う記録競技出身のせいか、採点競技は「分かりにくい」と感じていた。だが、採点競技には人工知能(AI)などを活用した「科学の目」が入り、競技の公平性や公正性の向上に一役買っている。

 典型的なのは体操だ。国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長は、2016年10月の会長選で、コンピューターを駆使した採点システムの導入を「公約」として掲げた。体操界では近年、技の高度化に審判の目がついていかず、低難度の技に「誤審」されるケースが散見されていた。富士通とFIGは現在、20年東京五輪を見据えた採点システムの開発を進めている。

 「これは他の競技にもプラスになる」と考えた私は、静岡県富士水泳場で今年3月に開かれた飛び込みのワー…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文937文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]