メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「科学の目」競技に活用=鈴木大地

 100分の1秒を争う記録競技出身のせいか、採点競技は「分かりにくい」と感じていた。だが、採点競技には人工知能(AI)などを活用した「科学の目」が入り、競技の公平性や公正性の向上に一役買っている。

 典型的なのは体操だ。国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長は、2016年10月の会長選で、コンピューターを駆使した採点システムの導入を「公約」として掲げた。体操界では近年、技の高度化に審判の目がついていかず、低難度の技に「誤審」されるケースが散見されていた。富士通とFIGは現在、20年東京五輪を見据えた採点システムの開発を進めている。

 「これは他の競技にもプラスになる」と考えた私は、静岡県富士水泳場で今年3月に開かれた飛び込みのワー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  4. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  5. ORICON NEWS 「オリンピックおじさん」死去 吉田沙保里さんや福原愛さん追悼 声援に感謝の言葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです