メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

見送り検討 選考主体スキャンダルで

英紙ガーディアン電子版が報道

 英紙ガーディアン電子版は27日、セクハラや情報漏えいスキャンダルの渦中にあるノーベル文学賞の選考主体スウェーデン・アカデミーが、今年の文学賞授与を見送るべきか否かを検討していると報じた。

 アカデミー内には通常通り選考すべきだとの意見もあり、今月26日の会合では結論が出ず、来月も引き続き協議することになった。もし見送りになれば、翌年に持ち越され来年10月に2人の受賞者が発表される可能性…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです