メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

戦前の政治家、胎中楠右衛門が…

 戦前の政治家、胎中楠右衛門(たいなかくすうえもん)がいまの神奈川県海老名市に最初の「憲政碑」を建立したのは1933年、5・15事件の翌年だった。所属する立憲政友会総裁の犬養毅首相が凶弾に倒れ、憲政功労者の慰霊の場を、と発起した▲犬養らが貫いた政党政治が軍部の台頭によって衰退していく時代である。碑には「政党否認ノ声ヲ聞クニ至テハ是等先輩ニ対シ深ク慚愧(ざんき)ニ堪ヘサルナリ」とある。政党不要論まで巻き起こし、憲政の先達たちに合わせる顔がないという胎中の嘆きだ▲それから85年。時代は違うが、政党が弱体化する状況は似ている。森友・加計問題や陸自の日報問題など官僚や自衛隊の不祥事を与党は解決できず、分裂と再編を繰り返す野党に政権交代のエネルギーは乏しい▲機能不全の責任はまず与党にあるが、野党の漂流も際立つ。連休明けに新党「国民民主党」が誕生するという。「民主」を冠する主要政党はこれで四つ。国民と民主の合わせ技とくれば重複表現のくどさも感じてしまう。ことばのアピールだけでは国民は振り返らない▲政党政治は専制的な藩閥政治に反発した明治の自由民権運動から生まれた。審議拒否をするなら、いっそ街頭に繰りだして国民に直接訴えるのも野党の姿ではないか。まなじりを決し行動を起こしてこそ世論は動く▲胎中は4年後、二つ目の憲政碑を東京・浅草に建てている。しかし、立憲政治の再生の願いもむなしく戦時体制の荒波の中で政党は解散し、その理想は国難の名の下に消えていった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
    5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです