メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

マツダ 業界の光明を目指して

1975年に東洋工業(現マツダ)が導入したコーポレートマーク=マツダ提供

 エンジン技術の高さと、洗練されたデザインに定評がある広島の大手自動車メーカー、マツダ。2年後の創業100年を見据え、ブランド力に磨きを掛けている。

 1920年にコルク栓を製造する「東洋コルク工業」として誕生し、翌年、事実上の創業者とされる松田重次郎が社長に就任。27年に「東洋工業」へと社名変更し、31年、念願だった三輪トラックを世に送り出した。その車名が「マツダ」だ。

 表記は「MATSUDA」でなく「MAZDA」。「業界の光明となるように」との思いから、火をあがめる…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです