メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 都成五段「早熟で遅咲き」 下積みの経験生かし活躍を

都成竜馬五段

 <順位戦C級2組 都成竜馬五段VS井出隼平四段>

 今回紹介する都成竜馬五段(28)は「早熟で遅咲き」の棋士だ。小学5年で小学生名人になり、10歳で奨励会入り。だが奨励会では苦労し、四段に上がったのは年齢制限ジャストの26歳だった。

 C級2組順位戦では初参加で8勝2敗の好成績を上げ、順位を3位に上げる。だが2期目の76期は2回戦の西川和宏六段戦で大逆転負けを喫する。必勝形で迎えた大詰め、自玉に詰めろがかかった。玉を逃げれば相手は投了しただろう。ところが都成は受けになっていない歩を打ってしまい、簡単な5手トン死を食ってしまった。

 さらに5回戦では全勝の今泉健司四段との直接対決に完敗する。

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1367文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]