メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『バルト自伝』=カール・バルト著

 (新教出版社・新教新書1296円)

「何事もなかったかのごとく」

 20世紀のキリスト教神学に最も影響を与えた人物は、スイスのプロテスタント神学者カール・バルト(1886~1968年)であるということについて異論を唱える人はいないであろう。今年はバルト没後50年になるので、本書が復刊された。本書はバルトが米誌『クリスチャン・センチュリー』に寄稿した三つの手記により構成されている。1939年に同誌は「過去10年で私の心はいかに変化したか」という特集を組み、キリスト教会の著名人たちの手記を掲載した。この企画は49年、59年にも行われ、バルトの手記が3度掲載された。それによって、28~58年、バルトが42~72歳の思想的展開を知ることができる。

 バルトの最大の業績は、第一次世界大戦による大量殺戮(さつりく)と大量破壊を真摯(しんし)に受け止め…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです