メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

子供のケガ、まず洗浄=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

キズケアの日のポスター

 大型連休がやってきました。連休終盤の5月5日、こどもの日は「キズケアの日」でもあることをご存じでしょうか。日本創傷外科学会と日本形成外科学会が日本記念日協会に申請し、昨年認定を受けました。

 この日を記念日に選んだのは子供(キッズ)とキズの連想からで、子供にケガはつきものだからです。

 専門医がキズや傷痕を治療することで、よりきれいに短時間で治すことが期待できると、多くのみなさんに知ってほしい。私たち形成外科医は、そんな願いを抱きつつ、啓発活動に取り組んでいるのです。

 さて、連休中にお孫さんが訪ねて来るのを心待ちにしているおじいちゃん、おばあちゃんも多いことと思いま…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです