メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

北朝鮮の非核化 実現するには 日本軍縮学会会長・菊地昌広氏

菊地昌広・日本軍縮学会会長=和田浩明撮影

核不要と思える環境を

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が首脳会談を行い、朝鮮半島の「完全な非核化」を目標とすることを盛り込んだ「板門店宣言」に署名した。非核化を具体化し、世界の疑念を払うには、国際原子力機関(IAEA)=1=による査察が必要だ。想定される手順について、核査察に詳しい菊地昌広・日本軍縮学会会長(65)に聞いた。【聞き手・和田浩明】

--北朝鮮が同意した場合、核査察はどのように行われるでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2849文字(全文3080文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]