メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

国務長官中東歴訪 対イラン結束図る 封じ込め協議

リヤドに到着し、サウジアラビアのジュベイル外相(手前右)と並んで歩くポンペオ米国務長官(同左)=リヤドで2018年4月28日、ロイター

 【カイロ篠田航一】ポンペオ米国務長官は28日、サウジアラビアの首都リヤドを訪れ、就任後初の中東歴訪を開始した。30日までにイスラエルとヨルダンも訪問する。米国、サウジ、イスラエルはいずれもイランと対立しており、トランプ米大統領がイラン核合意の見直し期限とする5月12日が迫る中、イランへの対応について結束を確認する。

 ポンペオ氏は29日のサルマン・サウジ国王らとの会談後、「イランは中東地域全体を不安定化させている」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです