メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

お断りの手紙を書く

 どのように断るか。どのように断られたら納得するか。

 名古屋市の菊華(きくか)高校で国語を教える稲生直子さん(54)は10年前から「ラブレターに対するお断りの手紙を書く」をテーマに授業をしている。プロポーズのラブレターが届いたと仮定し、生徒にお断りの手紙を書いてもらいクラスで共有。どの内容なら諦められるか、諦められないかを議論する。

 問題意識の出発点はかつて勤務した高校の女子生徒の恋愛観だった。交際相手に嫌われることを避け、嫌だと…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです