メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

部活廃止で教員働き方改革 名古屋市立小、試金石に

教員の指導を受けキャッチボールするソフトボール部の児童たち=名古屋市中村区の日比津小学校で、太田敦子撮影

 <kyoiku no mado>

 名古屋市は教員の負担軽減を目的に、市立小学校の部活動を2020年度末で廃止する。21年度以降は、学校ではなく地域や民間による活動を追求していく方針だ。教員の働き方改革を進める文部科学省は、中学・高校で部活動の指導者を外部から招く取り組みを進めており、専門家は名古屋市の小学校のケースが今後の部活動の在り方の試金石になるとみている。【太田敦子、三上剛輝】

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2396文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです