メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラーが担うケアの例

 大人が担うような家族の世話や介護を引き受ける子どもや若者を「ヤングケアラー」という。ここ数年で実態調査が進められたり、当事者が体験を語ったりして、存在が社会に認識されつつある。当事者が何に困り、どのような支援を必要としているのか探った。

 ●大人に代わり世話

 「お漏らしした。早く家に帰ってきて」。今春大学を卒業した東京都内のユウカさん=20代、仮名=は高校の授業中、約5年前に亡くなった祖母からこんな電話をよく受けた。

 祖母のケアが必要になったのは、ユウカさんが福岡県内の実家にいた高校1年の時だ。もともと祖母は祖父と…

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです