メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラーが担うケアの例

 大人が担うような家族の世話や介護を引き受ける子どもや若者を「ヤングケアラー」という。ここ数年で実態調査が進められたり、当事者が体験を語ったりして、存在が社会に認識されつつある。当事者が何に困り、どのような支援を必要としているのか探った。

 ●大人に代わり世話

 「お漏らしした。早く家に帰ってきて」。今春大学を卒業した東京都内のユウカさん=20代、仮名=は高校の授業中、約5年前に亡くなった祖母からこんな電話をよく受けた。

 祖母のケアが必要になったのは、ユウカさんが福岡県内の実家にいた高校1年の時だ。もともと祖母は祖父と…

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2281文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです