メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下、退位まで1年 宮内庁HP、高い閲覧数 注目集める

宮内庁ホームページの月別アクセス

 天皇陛下の退位を1年後に控え、陛下の言動や皇室への注目度が高まっている。関連書籍の出版が相次ぎ、宮内庁ホームページ(HP)のアクセス数は多い状態が続く。専門家は「興味の高まりが、皇族の減少など皇室を巡る本質的な課題への関心につながってほしい」と期待する。

 出版関係者によると、2016年8月に退位の意向がにじむビデオメッセージが公表されて以降、天皇制に関する書籍の発行が増えた。全体の統計はないが、象徴天皇制や退位などに関する新書だけでも約20冊が相次いで出版されている。

 戦後70年の15年夏に出版されたノンフィクション作家、矢部宏治さんの「戦争をしない国 明仁天皇メッ…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです