メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霧島連山・硫黄山

川から環境基準200倍のヒ素検出

 宮崎県は28日、250年ぶりに噴火した霧島連山・えびの高原(硫黄山)近くの川から、環境基準の約200倍のヒ素を検出したと明らかにした。この川では飲料水として取水しておらず、被害は寄せられていない。県は井戸水や湧き水を使わないよう注意を促すとともに、農業用水にもしないよう呼び掛けている。

 県によると、高濃度のヒ素を検出したのは…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです