メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

師匠の杉本七段「藤井六段の逸話」紹介 名古屋

藤井聡太六段の成長ぶりを話す杉本昌隆七段=名古屋市中区栄3の丸善名古屋本店で2018年4月29日午後3時10分、井口慎太郎撮影

自著「弟子・藤井聡太の学び方」刊行記念トークショー

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太六段(15)の師匠、杉本昌隆七段(49)は29日、名古屋市中区の大型書店で、自著「弟子・藤井聡太の学び方」の刊行を記念するトークショーを開いた。

 杉本七段は、小学2年生だった藤井六段が、将棋盤を抱えて号泣したほどの敗戦後、次の対局では気持ちを切り替えていた逸話を紹介。負けを思い切り悔しがり、消化したうえで次に生かす大切さを説いた。

 今月から将棋を始めた名古屋市熱田区の小学2年生、柳瀬ゆきゑさん(7)は会場で、「同じ年だったのに、引きずらないところがすごい」と感心。早速将棋の「学び方」を学んだようだ。【井口慎太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]