メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

谷川翔 あん馬、つま先まで伸びた旋回は美しく

優勝した谷川翔のあん馬の演技=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影

体操・全日本選手権・男子個人総合決勝(29日・東京体育館)

 最終結果が表示されると、ダークホースの優勝に会場からは驚きの歓声が上がった。これまで表彰台とは無縁だった谷川翔(かける、順大)は「まだ実感が湧かない」と喜びをにじませた。

 身長154センチの小柄な体だが、あん馬ではつま先まで伸びた旋回は美しく、鉄棒でも関節の柔らかさを生かして複雑な動きを披露した。技の難度を示すDスコア(演技価値点)で勝負する白井に対し、技の完成度を示すEスコア(実施点)が6種目中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです