メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る東海百景

3県は健康長寿 女性 愛知1位、三重2位/男性 愛知3位、岐阜4位

背景に産業構造・地元志向

 健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる「健康寿命」の最新版を厚生労働省が発表した。2016年の都道府県別推定値によると、女性は愛知が全国トップ、三重が2位となり、男性も愛知が3位、岐阜が4位になるなど、東海3県の健康長寿ぶりを印象づけた。専門家は、ものづくりが盛んな中部地方ならではの産業構造や地元志向が背景にあると分析する。【太田敦子】

 健康寿命は、国民生活基礎調査で、健康上の問題で日常生活への影響が「ない」と答えた人の割合などから、…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文976文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]