メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

機運アップへ 県が南部中心にてこ入れ 開催500日前イベント 6日、浦和駅前で /埼玉

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開幕を来年に控え、県は県全体の機運盛り上げに本腰を入れる。会場の一つとなる熊谷市がある北部に比べ、南部での認知度が低いためで、開催500日前イベントを6日にJR浦和駅東口駅前市民広場で開くなどてこ入れを図る。

 昨年度実施した県政世論調査によると、W杯の熊谷開催を知っている人は36・2%。地域別では、熊谷市がある北部地域の認知度が69・9%なのに対し、南部地域は25・1%、南西部地域は26・3%、さいたま地域は32・3%にとどまり地域差が浮き彫りになった。

 県は3年前、2年前、600日前の各イベントをいずれも熊谷市で開いてきたが、人口が多い南部での認知度…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです