メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病

公式確認から62年 現状考えるシンポ 認定制度巡り意見交換 熊本・水俣市 /熊本

 水俣病の患者団体などでつくる「水俣病被害者・支援者連絡会」は30日、公式確認から62年となる水俣病の現状を考えるシンポジウムを、熊本県水俣市の市公民館ホールで開いた。市民ら約100人が参加し、いまだに患者認定を巡って訴訟が続くなど混迷したままの認定制度について意見交換した。

 水俣病認定条件は1977年、主要症状の感覚障害の他に運動失調など複数の症状を要件とする制度になり、不認定となる人が激増。患者団体側は「被害者切…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. デルタ航空 デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです