メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病

公式確認から62年 現状考えるシンポ 認定制度巡り意見交換 熊本・水俣市 /熊本

 水俣病の患者団体などでつくる「水俣病被害者・支援者連絡会」は30日、公式確認から62年となる水俣病の現状を考えるシンポジウムを、熊本県水俣市の市公民館ホールで開いた。市民ら約100人が参加し、いまだに患者認定を巡って訴訟が続くなど混迷したままの認定制度について意見交換した。

 水俣病認定条件は1977年、主要症状の感覚障害の他に運動失調など複数の症状を要件とする制度になり、不認定となる人が激増。患者団体側は「被害者切…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明
  4. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  5. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです