メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

西部邁さんの「保守思想」 過激と現実、屈せず一貫=鈴木英生(オピニオングループ、前東京学芸部)

「永訣(えいけつ)!西部邁先生を偲(しの)ぶ会」が開かれ、遺影を前に親交のあった人々が故人をしのんだ=東京都千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で4月24日、鈴木英生撮影

 評論家で社会経済学者の西部邁さんが、1月21日、東京の多摩川で入水し、78歳で死去した。以前から自殺の意志を公にしており、死の10日前に私が取材した際も、「数週間後には、(この世に)いない」と語っていた。西部さんは保守派論客だが、かつては新左翼学生運動の闘士だった。「転向」を批判する人もいるが、むしろ人間として一貫した人生だった。

この記事は有料記事です。

残り1918文字(全文2085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです