メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

「非核化推進」合意 「関与」描くロシア 多国間協議「除外」を警戒

 【モスクワ大前仁】ロシアは南北首脳会談で朝鮮半島の非核化推進が合意されたことを歓迎しながらも、米中両国を加えた4カ国で協議していく枠組みも示されたことを受け、取り残されるシナリオを警戒している模様だ。今後はロシアや日本も参加してきた6カ国協議の再開へつながるように、関係国へ働きかけていく構えだ。

 南北首脳会談では朝鮮戦争の「終戦」を目指すことで一致し、当事国の米国や中国を交えた協議の開催案が示された。ロシアのモルグロフ外務次官は28日、タス通信とのインタビューで、前身のソ連が朝鮮戦争に参戦していないことから、終戦協議に参加しないのは当然だと認めながらも、「積極的にイニシアチブを発揮し、朝鮮半島に関連する全問題の解決を目指す」と表明。ロシアが今後の協議から外されるとの一部指摘を「経験不足の観察者が陥りやすい不十分な認識だ」と反論し…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文929文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです