メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

「非核化推進」合意 「関与」描くロシア 多国間協議「除外」を警戒

 【モスクワ大前仁】ロシアは南北首脳会談で朝鮮半島の非核化推進が合意されたことを歓迎しながらも、米中両国を加えた4カ国で協議していく枠組みも示されたことを受け、取り残されるシナリオを警戒している模様だ。今後はロシアや日本も参加してきた6カ国協議の再開へつながるように、関係国へ働きかけていく構えだ。

 南北首脳会談では朝鮮戦争の「終戦」を目指すことで一致し、当事国の米国や中国を交えた協議の開催案が示された。ロシアのモルグロフ外務次官は28日、タス通信とのインタビューで、前身のソ連が朝鮮戦争に参戦していないことから、終戦協議に参加しないのは当然だと認めながらも、「積極的にイニシアチブを発揮し、朝鮮半島に関連する全問題の解決を目指す」と表明。ロシアが今後の協議から外されるとの一部指摘を「経験不足の観察者が陥りやすい不十分な認識だ」と反論し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです