メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

座談会 天皇陛下退位まで1年 国民つなぐ象徴として

 天皇陛下の退位まで4月30日であと1年となった。これまで陛下は、象徴天皇のあるべき姿をどこまでも追求されてきた。務めを終えるその時まで、全身全霊を込めた活動は続く。昭和史に詳しい作家の半藤一利氏とノンフィクション作家の保阪正康氏、東大大学院教授で日本近現代史が専門の加藤陽子氏に、天皇、皇后両陛下の30年の歩みや、今後の展望について語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り2853文字(全文3028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです