メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

変わり種おにぎり 組み合わせ自由に「ぽんぽん」

 <くらしナビ ライフスタイル>

 大型連休真っただ中。初夏の日差しで新緑がまぶしいこの季節は、気持ちがうきうきしてお出かけしたくなる。手作りのおにぎりをお供にするのも悪くない。料理研究家の山田玲子さんに、普段とはちょっと違うおにぎりを教えてもらった。

 病気になった母の代わりに父が握ってくれた大きなおにぎり。部活後にかぶりついた、ほんのりしょっぱい塩むすび--。「皆さん、おにぎりには何かしらの思い出がある。おにぎりは日本人のソウルフードですよ」と山田さん。今や日本人のソウルフードは海を飛び越え、シンガポールやアメリカなど海外でも人気を集めている。

 梅干しやサケ、ツナマヨネーズなど定番のおにぎりもいいが、今回は、普段あまり利用しない食材や調味料を…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです