メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 原発には専門用語と事業者の対応という二つの分かりにくさがあると感じる。前者は記者が簡潔で的確な報道を心掛けるとして、後者は事業者側に改善を求めたい。蒸し返すようだが、3月末の玄海3号機(佐賀県玄海町)の配管蒸気漏れを巡る九州電力の対応は、分かりにくさを顕著に感じた。

 トラブル3日後の4月2日。九電は「午前10時現在」として雨水による配管腐食が推定原因だ…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです