メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 原発には専門用語と事業者の対応という二つの分かりにくさがあると感じる。前者は記者が簡潔で的確な報道を心掛けるとして、後者は事業者側に改善を求めたい。蒸し返すようだが、3月末の玄海3号機(佐賀県玄海町)の配管蒸気漏れを巡る九州電力の対応は、分かりにくさを顕著に感じた。

 トラブル3日後の4月2日。九電は「午前10時現在」として雨水による配管腐食が推定原因だ…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 金曜ロードSHOW! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が地上波初放送 ノーカットで
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. 露大統領 平和条約締結提案、日本が拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです