メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/2 父と教師たち 特異な思想環境が下地に

保田與重郎

 大岡信(まこと)の初期の詩に「朝の頌歌(ほめうた)」がある。1947(昭和22)年1月、15歳の時に作られ、「朝は 白い服を着た少女である」の1行から始まる。新鮮な朝の到来の情景を清らかな少女のイメージと重ねてうたい上げた作品は、次の4行で閉じられる。

 <やがて 人々は/霧のひそかな手に目覚めつつ/今日も生命の歓喜に満ちて/無限の歴史の連鎖の一環を作り出す>(引用は『大岡信著作集第3巻』)

 旧制沼津中時代の同人誌『鬼の詞(ことば)』6号(同年2月発行)に掲載した詩だ。最終行には、早くもこ…

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1793文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです