メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/2 父と教師たち 特異な思想環境が下地に

保田與重郎

 大岡信(まこと)の初期の詩に「朝の頌歌(ほめうた)」がある。1947(昭和22)年1月、15歳の時に作られ、「朝は 白い服を着た少女である」の1行から始まる。新鮮な朝の到来の情景を清らかな少女のイメージと重ねてうたい上げた作品は、次の4行で閉じられる。

 <やがて 人々は/霧のひそかな手に目覚めつつ/今日も生命の歓喜に満ちて/無限の歴史の連鎖の一環を作り出す>(引用は『大岡信著作集第3巻』)

 旧制沼津中時代の同人誌『鬼の詞(ことば)』6号(同年2月発行)に掲載した詩だ。最終行には、早くもこ…

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです