メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

老いに磨かれる輝き=片山由美子

蒸鰈ひとりの夕餉すぐ終る 須賀一惠

老いゆくは新しき日々竜の玉 深見けん二

 東京・駒場の日本民藝館で開催中(4月3日~6月24日)の「柚木沙弥郎の染色-もようと色彩」展を観(み)てきた。染色家の柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)は1922年生まれで、今年96歳。東京大学で美術史を学ぶが、柳宗悦の民芸運動に共鳴すると共に、染色家の芹沢〓介の作品に啓発されて染色家の道に進んだ。

 布の染色だけでなく、ガラス絵、版画、ポスターから立体に到(いた)るまで、さまざまな素材における工芸…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです