メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

連休終盤は行楽日和に=鮫島弘樹 /愛知

 4月のゴールデンウイーク前半は、晴れて汗ばむくらいの暖かさに恵まれ、レジャー施設や潮干狩りなど、行楽地は大にぎわいの3日間でした。では、5月に入った連休後半の天気はどうなるのでしょうか。

     予報によると、2日から3日にかけて前線を伴った低気圧が通過するため、全国的に天気が崩れあいにくの雨となりそうです。東海地方でも、2日夕方から3日の朝にかけて発達した雨雲がかかることから、大雨となる可能性があり、注意が必要です。そして、低気圧が通過した後は日本上空には寒気が南下してくる予想です。

     そのため、3日から4日にかけては気温が下がって、上着が1枚欲しくなるような寒さになりそうですから、服装選びには気をつけたいところです。また、上空の寒気の影響で大気が不安定になるため、にわか雨や雷雨など天気の急変にも注意が必要です。2日から4日にかけては、海や山のレジャーを予定しているみなさんは特に気をつけて行動してほしいと思います。

     連休終盤の5、6日は、移動性の高気圧に覆われることから、東海地方はおおむね晴れる予想です。気温も上がって暖かさが戻ってくることから、行楽日和となりそうです。

     連休後半をまとめると、2、3日は大雨に、3、4日は寒さと天気の急変に注意。5、6日は行楽日和が期待できそうです。最新の気象情報で楽しい連休をお過ごしください。(気象予報士・写真部)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]