メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

原発の安全協定って? 地元に事前了解権 「福島」後は対象拡大の動きも=回答・岩間理紀

停止中の東海第2原発=本社ヘリから長谷川直亮撮影

 なるほドリ 東日本大震災で停止し、再稼働(さいかどう)を目指している東海(とうかい)第2原発(茨城県東海村)で新しい安全協定(あんぜんきょうてい)が結ばれたと聞いたよ。そもそも安全協定って何なの?

 記者 原発を持つ電力会社と地元自治体が、住民の安全のために結ぶ「原子力安全協定」のことですね。事故の際の連絡方法や自治体の立ち入り調査の権限など、原発ごとに具体的な約束を定めています。

 Q でも、協定は原発ができた時からあるよね。再稼働で何が問題になるの?

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです