メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 原発事故の教訓

小泉純一郎元首相=東京都品川区で、中村藍撮影

 2011年の東日本大震災に伴い発生した東京電力福島第1原発事故。炉心を冷やす電源を大津波で失い、核燃料が溶融する未曽有の災害となった。福島県の人々からふるさとを奪った事故から7年。日本では再び原発が動き始めている。教訓は生かされているのか。日本は原発とどう向き合うべきか。震災後に「原発ゼロ」を訴え始めた小泉純一郎元首相(76)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3672文字(全文3852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです