メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・改憲論議

/2 緊急事態条項 過剰な権利制限、懸念 災害時の運用、不明確

 自民党が憲法改正で創設を目指す「緊急事態条項」は、同党が野党時代の2012年に作った改憲草案が出発点だ。草案は、大規模災害や外部からの武力攻撃などの際、法律と同じ効力を持つ政令を内閣が制定でき、国や公の機関の指示に「何人も従わなければならない」と明記した。国民の権利を強く制限するため、細田博之・憲法改正推進本部長は「他党や国民の賛同は得にくい」と考えた。

 このため細田氏は、国会議員の任期を延長する特例に絞って自民党内の合意を得るつもりだったが、今年1月…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです