メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

輸入制限除外 対EU「最終的な延長」 強硬姿勢変えず

米国の鉄鋼・アルミ輸入制限をめぐる各国の扱い

 【ワシントン清水憲司、ロンドン三沢耕平】米ホワイトハウスは4月30日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり、欧州連合(EU)などを対象にした暫定的な適用除外措置を5月末まで延長すると発表した。米欧間の「貿易戦争」はいったん回避された形だが、米側は今回の措置を「最終的な延長」と明言。EUなどに対して輸出自主規制などを迫る強硬姿勢を変えていない。

 トランプ政権は3月下旬、鉄鋼・アルミの輸入増加が「国家安全保障上の脅威になる」として鉄鋼に25%、…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです