メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油価格

高値、連休にずしり ガソリン、迫る145円 協調減産継続など要因

原油価格の推移

 原油価格が約3年半ぶりの高値水準となっている。主要産油国の協調減産が続いていることに加え、米英仏3カ国によるシリア攻撃で地政学リスクが高まり、価格を押し上げている。原油価格の上昇は、国内でもじわりとガソリン価格を押し上げている。経済産業省資源エネルギー庁が4月25日に発表した23日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は144円10銭で、前週比で80銭、1年前に比べると約10円高くなっている。【袴田貴行】

 原油の国際指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は30日、1バレル=68ドル台と1バレル=7…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1239文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです