メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油価格

高値、連休にずしり ガソリン、迫る145円 協調減産継続など要因

原油価格の推移

 原油価格が約3年半ぶりの高値水準となっている。主要産油国の協調減産が続いていることに加え、米英仏3カ国によるシリア攻撃で地政学リスクが高まり、価格を押し上げている。原油価格の上昇は、国内でもじわりとガソリン価格を押し上げている。経済産業省資源エネルギー庁が4月25日に発表した23日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は144円10銭で、前週比で80銭、1年前に比べると約10円高くなっている。【袴田貴行】

 原油の国際指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は30日、1バレル=68ドル台と1バレル=7…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1239文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです