メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

国際ロボット連盟 津田純嗣会長

毎日新聞のインタビューに応じる国際ロボット連盟の津田純嗣会長=2018年4月24日、高橋慶浩撮影

市場拡大、使いやすさカギ

 生産の自動化で急速に普及が進む産業用ロボット。メーカーなどで作る国際ロボット連盟(IFR)の会長に、昨年12月就任した津田純嗣・安川電機会長が毎日新聞のインタビューに応じた。津田氏はロボット市場が今後も年平均約15%成長すると予想。専門知識を必要としない「使いやすさ」の実現が、さらなる普及のカギになるとの考えを示した。【聞き手・高橋慶浩】

 --IFRは、2016年末時点で稼働する世界の産業ロボット約180万台が、20年までに300万台に…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1000文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]