メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「囲棋」の表記の例(○で囲った部分)。高島俊男著「お言葉ですが…」によれば、棋と碁を区別するようになったのは戦後のこと=1936(昭和11)年の東京日日新聞(毎日新聞の前身)紙面から

 将棋の名人戦が先月始まり、間もなく囲碁の本因坊戦も開幕します。そこで今回は碁将棋にまつわる言葉から、主に囲碁に関するものを取り上げます。日常語に多く入り込んでいながら、突きつめていくと実は謎の多い言葉もあります。伝統ある盤上遊戯の世界を、言葉の窓からのぞいてみましょう。【宮城理志】

 ■巡り来ることば

この記事は有料記事です。

残り3831文字(全文3982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 関東大震災 体験談伝える 地割れ、津波…「怖さ忘れない」 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです