メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病

公式確認62年 繰り返さぬ 慰霊式で誓う

水俣病犠牲者慰霊式で献花する参列者=熊本県水俣市で2018年5月1日、津村豊和撮影

 「公害の原点」とされる水俣病は1日、公式確認から62年を迎えた。熊本県水俣市の水俣湾埋め立て地「エコパーク水俣」では犠牲者慰霊式が営まれ、患者や遺族、中川雅治環境相ら約680人が参列して悲惨な公害を二度と繰り返さないよう祈りをささげた。

 蒲島郁夫熊本県知事や原因企業のチッソの後藤舜吉社長らも参列。患者、遺族を代表して「祈りの言葉」を述べた小児性患者の金子親雄さん(66)=同市=は「私たちは水俣病という宿命を使命に変え、困難に…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです