メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ES細胞

秋に初治験 肝臓病の乳児に移植 成育研

 国立成育医療研究センター(東京都)は今秋にも、ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から作った肝細胞を移植して重い肝臓病の赤ちゃんを治療する臨床試験(治験)を始める。国に治験の実施を届け出て、先月末に問題ないと判断された。ES細胞を使った治験は国内で初めて。

 センターによると、対象は体内の有毒なアンモニアを肝臓で分解できない「高アンモニア血症」の赤ちゃん。10万人に1人ほど発症し死亡率は高い。重症患者は肝臓移植が必要だが、体重6キロ以上となる生後数カ月にならないと手術できない。

 治験では、ES細胞から作った数千万個の肝細胞を乳児のへその血管から注入。肝細胞が肝臓に届き、アンモ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです