メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/2 忠誠心を「教育」 箱根報国寮

在りし日の箱根報国寮。現在は石垣の一部が残るのみ=箱根報国寮の絵はがきより

 <くらしナビ・環境>

 戦時中の箱根山に、神奈川県の「箱根報国寮」という青年訓練施設があった。国土保全や殖産興業のため豊かな森林が欠かせないことを若者に教え、荒廃した山の治山治水、造林を第一の主眼とした。だが実態は、重労働と集団生活を通して国への忠誠心を植え付け、体を鍛えることが目的だった。戦争遂行のための施設だった。

 作業風景の絵はがきが県立図書館などに残っている。雨が降る谷で、カサとミノ姿の生徒が大勢で岩を担ぎ出…

この記事は有料記事です。

残り1984文字(全文2194文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
  4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
  5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]