メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

書家・金澤翔子さんの母 泰子さん/上 基本培った「涙の般若心経」

 ダウン症の書家、金澤翔子さん(32)は5歳の時、母親の泰子さん(74)の指導のもと、書道を始めた。今では全国各地で個展を開き、1人暮らしもしている。知的障害を持って生まれてきた我が子を、どう育ててきたのか。泰子さんは「どうすれば一人で生きていけるようになるかを考えてきた」と振り返る。すべては翔子さんの自立のために。

 泰子さんは42歳の時、翔子さんを出産。翔子さんは敗血症で別の病院に搬送されたため、泰子さんが我が子…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1440文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです