メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

新刊 『こころにとどく 歎異抄』=三田誠広・著

良書を誇る大学出版部特集

 親鸞の言葉を弟子の唯円がまとめたとされる宗教書を、現代の作家が「超口語訳」し、章ごとに解説する。著者は「親鸞の思想はシンプルなだけに、かえってわかりにくく、奥が深い」という。難解といわれる「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」で有名な悪人正機説も、著者の解説は分かりやすい。巻末には「仏教の歴史」を収めている。仏教を学んでみようという人には適切な入門書だろう。(武蔵野大学出版会・1944円)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
    4. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
    5. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]