メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット、利便性向上が鍵

 生産の自動化で急速に普及が進む産業用ロボット。メーカーなどで作る国際ロボット連盟(IFR)の会長に、昨年12月就任した津田純嗣・安川電機会長が毎日新聞のインタビューに応じた。津田氏はロボット市場が今後も年平均約15%成長すると予想。専門知識を必要としない「使いやすさ」の実現が、さらなる普及の鍵になるとの考えを示した。【聞き手・高橋慶浩】

 --IFRは、2016年末時点で稼働する世界の産業用ロボット約180万台が、20年までに300万台…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付
  3. 立憲民主党 青山衆院議員が離党届 セクハラ被害の告発で
  4. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に
  5. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです