メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ

メーデー式典、新議長が「デビュー」

毎年恒例のメーデーの式典に参加する人たち=2018年5月1日、AP

 【サンパウロ山本太一】社会主義国キューバで1日、毎年恒例のメーデーの式典が開かれ、首都ハバナでは約90万人(政府系メディア)が参加した。ラウル・カストロ氏(86)が4月、国家元首の国家評議会議長を退き、ミゲル・ディアスカネル氏(58)が後任に就いて以降、初めての大型行事となった。

 ハバナの革命広場で開かれた式典には、軍服姿のラウル氏とワイシャ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです