メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化学物質過敏症

ホームセンターに賠償命令 高松地裁

 購入したカラーボックスに含まれていた化学物質で神経障害になり働けなくなったとして、香川県丸亀市の60代女性がホームセンター「コメリ」(本社・新潟市)に約7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高松地裁は、約470万円の賠償を命じた。判決は4月27日付。

 森実将人裁判長は判決理由で、女性がカラーボックスと接触したことで化学物質過敏症になっ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]