メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

港のそばの小学校で=小野正嗣

 詩人に会う約束をした。

 指定された場所は、港からさほど遠くない小学校だった。たぶん詩人がかつて勤務していたところだろう。

 そう思うのは、彼女の詩の語り手が海のそばの小さな町に暮らし、かつては小学校の教師として働いていたことが読み取れるからだ。

 フランス語で書かれたその詩のなかでは、カモメはもはやどこにもいないのに、ただ鳴き声だけが、まるで曇天のときには空を苦しめる耳鳴りのように、そして快晴の日には空の空耳(日本語に訳してみると変だけど)のように、港を訪れる元教師の上に降り続ける。

 漁業を除けば大きな産業がないので、男たちの多くはよその土地に、ときには外国にまで働きに出かける。町…

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2138文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです