メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

合従と連衡のアジア=坂東賢治

 <moku-go>

 「合従連衡(がっしょうれんこう)」は「合縦連横」とも書く。中国の戦国時代、燕、趙など6カ国が縦(南北)に連合して西方の大国、秦と対抗した外交戦略が「合従」だ。逆に秦は6カ国それぞれと横(東西)に組む「連衡」で「合従」を崩した。

 多国で1国を制する「合従」を説いた蘇秦(そしん)、多国の連携を崩す「連衡」を唱えた張儀(ちょうぎ)は諸子百家の一つ「縦横家」の代表的人物だ。諸国を遊説して名を高め、宰相に取り立てられた。今の中国でも「三国志」の諸葛孔明(しょかつこうめい)らと並ぶ戦略家として評価されている。

 中国では伝統的な「合従連衡」や「遠交近攻」などの戦略を現代の外交戦略と重ね合わせる見方が少なくない…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです