メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2017年GPS捜査最高裁大法廷判決 私的領域侵入には令状

GPS捜査を巡る最高裁判決の後、記者会見する被告の弁護団=東京都千代田区で2017年3月15日、北山夏帆撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 人工衛星の電波によって居場所を把(は)握(あく)できる「GPS(全地球測位システム)」は、カーナビゲーションやスマートフォンのゲームなど、生活のさまざまな場面で利用されています。最高裁大法廷(だいほうてい)は2017年3月、このGPS端(たん)末(まつ)を使った警察の捜査(そうさ)について重要な判断を示しました。

 審(しん)理(り)されたのは、事務所荒(あ)らしなどで窃(せっ)盗(とう)罪(ざい)に問われた被(…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  2. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  3. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  4. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  5. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです